カテゴリー「文化・芸術」の記事

2007-03-21

三位一体!

「ほとんどあなもぐら」から派生した三位一体が立体化された。

ひっそりろふと それは絵描き達の究極なる姿。

とりあえず、完成おめでとー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-27

なんじゃこりゃ?

魔界都市日記さん経由で知った記事。

asahi.com:「能舞エヴァンゲリオン」…アニメ、古典に新境地 - 古典芸能 - 文化芸能

……えーっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-24

写真展を見に行く

先日、写真を焼いてもらうために写真屋に行ったら、写真展の案内をもらったので見に行きました。

Photo0001

ちなみに、EJRさんと白井崇裕さんという方は鉄道写真では有名な方らしいのですが、残念ながら私は寡聞にして知りませんでした。

まあ、それはそれとして、小さいギャラリー展示ながら、「超特急」新幹線と「ローカル鉄道」115系湘南色電車のコントラストは素敵でした。
#115系湘南色を「かぼちゃ電車」と呼ぶということを初めて知ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-04-23

三遊亭円楽さん、落語も引退?

asahi.com:三遊亭円楽さん「笑点」を引退 後任は桂歌丸さん - 文化芸能

日本テレビの長寿番組「笑点」の司会の引退を表明した三遊亭円楽さんだが、どうやら落語家も引退するかもしれないらしい。

73歳円楽、落語人生に終止符 - 芸能ニュース : nikkansports.com

最近は本当に老け込んでいるように見えるので、本当だとすれば、今後はゆっくりとして欲しいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-12-08

広がるメイドの輪

メイド喫茶に始まり、メイドによるチラシ配布やメイドによるマッサージなど、メイドの活躍の場が増えているアキハバラだが、さらに新しい事業が始まったようだ。

メイドさんのいるDTP出力センターが開店

……えぇと、これはメイド服である必要はあるのか?_| ̄|●
まあ、こういうのが好きな方にはたまらないものがあるのだろう。もう何でもアリですな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-06-17

難しい日本語

「おまえにも屈辱を味あわせてやる!」

小説などでたまに見られる台詞ですが、日本語として間違っている箇所があります。

「×味わせて」 → 「○味わせて」

正しくは、

 ワ行五段活用動詞「味わう」の未然形「味わわ」 + 使役の助動詞「せる」 → 「味わわせる」

ということです。
しかし、「あじわわせる」は非常に発音しにくいため、「あじあわせる」と変化したらしいのです。口語表現は現実に使われている話し言葉を基本にするため、将来的には「味わう」はワ行五段活用(四段活用という説もある)からワ行変格活用に変化するかもしれません。

なお、「味あう」という説もありますが、これは江戸期から使われ始めた言葉で、「味アフ」は「味ハフ」から派生したと考えられています。

以上、NHKの番組を見て得た知識でした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-05-25

マッチラベルの展覧会

岡山県立美術館で開催されている「燐票大展覧会 マッチラベルのシンセカイ」に行って参りました。

いやぁ、面白い。

燐票家(マッチラベルの蒐集家をこう呼ぶらしい)が蒐集したコレクションの数々。明治から大正、昭和にかけての様々なデザインのマッチラベルが展示されていました。

日本製であることをことさら強調した芸者のデザイン。
中国向けに唐童子の描かれたもの。
インド向けにインドの神々を描いたもの。
ヨーロッパ向けにヨーロッパのマッチのデザインを真似したナンチャッテ洋画のデザイン。
戦時中の戦意高揚目的のデザイン。
そして、宣伝目的で配布されたマッチのラベル。

燐寸(マッチ)のラベル、燐票がこれほど面白いものだとは思いませんでした。

そして、この展覧会最大の呼び物、様々な画家、デザイナー、詩人たちに描いて貰った新作マッチの数々。もし岡山近郊にお住まいなら、是非御覧になることをお薦めします。面白いですから。

※この記事は岡山県立図書館から送信しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)