カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2008-12-24

買い物

ボードウォーク岡山店。

ゲーマーズ岡山店。

メロンブックス岡山店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-07-20

買い物と図書館

ちょいと買い物と図書館へ、って、最近メモ程度のことしか書いてないような気がする……。

BOARDWALK岡山店。

ゲーマーズ岡山店。

岡山県立図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-11

図書館に行ってきた

岡山県立図書館で本を借りる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-05

図書館とワタシ

岡山県立図書館

メロンブックス岡山店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-03

岡山県立図書館

岡山県立図書館で本を借りた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-09

図書館

赤磐市立中央図書館に本を返しに行ったついでに本を借りる。

  • 坪沼 真理: 今日から始めるホームページWebデザインBook
  • NHK受信技術センター: テレビ新時代 知っておきたい地上デジタル放送
  • 日本ジェネリック研究会: ジェネリック医薬品がわかる本―薬代を下げるための活用ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-06

姉ちゃんの詩集

姉の部屋で見つけた「封印」と書かれたノート。そこに書かれた詩を面白いと思った弟が2チャンネルにアップ。それが話題となって書籍化されたのがこの「姉ちゃんの詩集」です。

一言で言うと「面白い!」
それ以上の感想はないでしょう。

「小学校時代」「中学校時代」のサマーさんが思ったままに綴った言葉達。世界をフィルターを通さずに見つめたり、死に恐れを抱いたり、自らが抱いた恋心にドキドキしたり……。
思えば私も自己表現のために詩(のようなもの)や小説(の一部)を書き綴ったものでした。
#何故一部かというと、映画の一場面を描くように、物語の一部だけを書いていたのです。

この本には「過去」のサマーさんだけではなく、「現在」のサマーさんの言葉も収録されています。これらのエッセイも童話も、「過去」のサマーさんの言葉とは違った意味で心に響きます。かつて少年少女だった人にとっては、くすぐったい気持ちで読むことができると思います。

できればサマーさんにはずっと文章に携わって欲しいですね。

ちなみに、私が書いた詩や小説ですが、実家を探せば多分ノートを見つけることができるでしょう。でも、できれば無かったことにしたい黒歴史でもあります。思い出の中では美化されていますが、実物を見たら憤死せずにはいられないでしょうから。

姉ちゃんの詩集
サマー著
税込価格 : \1,000 (本体 : \952)
出版 : 講談社
サイズ : B6判
ISBN : 4-06-213816-6
発行年月 : 2006.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-02-27

買い物

ちょっと買い物。

ゲーマーズ岡山店。

  • 漫画:ときた 洸一/脚本:千葉 智宏(スタジオオルフェ)/原作:矢立 肇、富野 由悠季: 機動戦士ガンダムSEED C.E.73デルタASTRAY 1
  • 吉崎 観音: ケロロ軍曹 14
  • TECH GIAN (テックジャイアン) 2007年 04月号 [雑誌]
  • GUNDAM A (ガンダムエース) 2007年 04月号 [雑誌]
  • スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ1 Limited Edition (初回限定生産)

紀伊國屋書店クレド岡山店。

メロンブックス岡山店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-02-16

図書館

赤磐市立中央図書館から予約していた本が届いたという連絡があったので、借りに行く。

  • サマー: 姉ちゃんの詩集

ついでに他の本も借りる。

  • 加藤 弘一: 図解雑学 文字コード
  • 山本 弘: まだ見ぬ冬の悲しみも
  • ユニゾン: 超図解 HTML&CSS辞典

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-02-06

匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~

日本の代表的な昔話である「一寸法師」、「かぐや姫」、「桃太郎」を、自動翻訳で英語に翻訳し、これを再び日本語に訳すとどうなるのか。
その結果生まれた物語が、

  • 一寸法師 → A little, law mentor → 少量法律助言者
  • かぐや姫 → As soon as it smelled, princess → 匂いをかがれるとすぐに、プリンセス
  • 桃太郎 → Peach Taro → 桃タロイモ

この時点でいろいろツッコミどころ満載なのだが、物語も異世界未来SFファンタジーとでも言うしかないようなシュールなものとなっている。抜粋してみると、

ぶらぶらと歩いて行くと、とても大きなお殿様のお屋敷の前に出ました。

When I walked with the brassiere, brassiere, it came out to the very big Mister's mansion.

私がブラジャー、ブラジャーとともに歩いたとき、ミスターが大邸宅であるという考えがまさしくの頭に離れて浮かびました。

全編こんな感じなのである。

イラストも面白い。
元の昔話に付けられているイラストはモノクロの素朴なものであるのに対し、「新・昔話」に付けられているイラストはサイケデリックで近未来的なものとなっている。

この本は、言葉遊びの楽しさを再確認させてくれるという意味で大変面白い。お薦めしたい。

匂いをかがれる かぐや姫
~日本昔話 Remix~

原 倫太郎文
原 游絵
税込価格 : \1,000 (本体 : \952)
出版 : マガジンハウス
サイズ : 四六判
ISBN : 978-4-8387-1727-9
発行年月 : 2006.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧