カテゴリー「学問・資格」の記事

2006-07-14

調べ物と私

とあることがきっかけで、いろいろと調べていることがあるのだが、それについてチョコチョコと文章を作成中。ただ、どうもこう掴みどころのない話になってきたので、悩み中。奥が深すぎて、手を広げるととんでもない方向に話が進むので、七転八倒している。

うぅ、このままではWebsite葛根湯のかか七さんをドロワーズ・マスターにするという私の野望が達成できない……●| ̄|_

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-02-02

あなたのパソコンにもえたん登場!

窓の杜 - 【NEWS】“もえたん”ヒロインが英単語の訳をお知らせ「魔法のマウス with もえたん」

すごいな、これ。
よく言えば、「遊び心に溢れている」。悪く言えば、「萌えの領域はここまで来たか」。

ちょっぴり心惹かれているのも事実なんだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-08

人体の不思議展

現在、日本各地を巡っている「人体の不思議展」が岡山にもやってきた。

人体の不思議展公式サイト

実は東京で開催されていたときにも見たのだが、もう一度みたい。

開催期間:
2005年12月8日(木)~2006年1月11日(水)

開催地:
コンベックス岡山
岡山県岡山市大内田675番地
http://www.convex.or.jp/

開場時間:
10時00分~17時00分(最終入場16時30分)

主催:
山陽新聞社/日本アナトミー研究所

後援:
岡山市/岡山大学/日本赤十字社/日本医学会/日本医師会/日本歯科医学会/日本歯科医師会/日本看護協会/岡山県医師会/岡山県歯科医師会/岡山市医師会/岡山市歯科医師会/岡山県看護協会/岡山県社会福祉協議会/岡山県病院協会/NHK岡山放送局/山陽放送/岡山放送/テレビせとうち/Oniビジョン/岡山エフエム放送/岡山シティエフエム

監修:
人体の不思議展監修委員会

総合企画・運営:
マクローズ

アクセス方法:
瀬戸中央自動車道早島I.Cから車で約5分
JR山陽本線中庄駅から車で約10分
JR岡山駅からバスで約30分
岡山空港から車で約30分
JR瀬戸大橋線早島駅より車で約10分
JR倉敷駅より車で約25分
[バス時刻表はこちら]

問合せ先:
人体の不思議展岡山事務局(山陽新聞社事務局内)
TEL:086-233-2300

東京で開催されたとき、一人で見に行ったのだが、会場にはカップルが多く、非常に居心地の悪い思いをした。岡山でもそうなんだろうか。だとしたらちょっと行きづらいなぁ orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-17

難しい日本語

「おまえにも屈辱を味あわせてやる!」

小説などでたまに見られる台詞ですが、日本語として間違っている箇所があります。

「×味わせて」 → 「○味わせて」

正しくは、

 ワ行五段活用動詞「味わう」の未然形「味わわ」 + 使役の助動詞「せる」 → 「味わわせる」

ということです。
しかし、「あじわわせる」は非常に発音しにくいため、「あじあわせる」と変化したらしいのです。口語表現は現実に使われている話し言葉を基本にするため、将来的には「味わう」はワ行五段活用(四段活用という説もある)からワ行変格活用に変化するかもしれません。

なお、「味あう」という説もありますが、これは江戸期から使われ始めた言葉で、「味アフ」は「味ハフ」から派生したと考えられています。

以上、NHKの番組を見て得た知識でした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-01-21

秘密商会しすあど!

呑んだクレ雑記: 職場に歩くたびに揺れる巨乳ちゃんがいる件について。より
秘密商会しすあど!

_| ̄|●
……もう世間には付いていけねぇ……。

ところで、「エルスウェア」ってどこかで聞いたなーと検索かけたら、メイルゲームの運営だとかTRPGの制作とかやってた。
エルスウェア
でも、これって遊演体……ゴフッゴフッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-01-20

『もえたん』誕生秘話-まちがっても試験には出ない!

「『もえたん』誕生秘話-まちがっても試験には出ない!」 ニュースな本棚|Excite エキサイト : ブックス

20へぇ。

なるほど、アレはそういう経緯で誕生したのか、と感心。出版不況が叫ばれる中、これだけの売り上げを出すとは……喜んでいいのやら嘆いていいのやら……。

それにしても、この記事はよい。ただのオタク系書籍としての紹介ではなく、ちゃんと英単語集の歴史(?)も紹介してある。こういう文才はうらやましいなぁ。
……と思ったら、著者は私と同年齢であった。あぁ_| ̄|●

| | コメント (0) | トラックバック (0)