« 今日は通院の日 | トップページ | 買い物 »

2013-07-07

OGA例会

今日はOGA7月例会でした。

やったゲームは

  • RIALTO
  • HANABI
  • HEKLA

RIALTO(リアルト橋)
ベネチア(?)の各地区を結ぶ橋を架け、あるいはゴンドラで結んで、得点を稼ぐゲーム。各地区に配置された自分の議員、特殊な能力を持った建物の建設、橋を架けるのに貢献したポイント、さらに所持金と配置していない議員の数が得点となるが、いずれかに注力しないと中途半端になって得点ができない。しかし、カードの引きによってはどうしてもいろいろなものに手を出さなければならなくなるので、非常にジレンマを感じるいいゲーム。ただ、序盤に負けが込むと終盤に取り返すのが難しくなるのがちょっと問題かも。5人中4位。

HANABI(花火)
プレイヤーは花火職人となり、きれいな花火を打ち上げることを目標とする協力型カードゲーム。ただし、この花火職人は非常にドジで、順番に打ち上げなければならない花火の玉を混ぜてしまったため、他の職人の協力と記憶を頼りに花火を打ち上げなければならない。パッと見た目は複数枚を掲げるインディアンポーカーだが、他のプレイヤーに教えられる情報とその回数には制限があり、情報開示チットがなくなると手札を破棄しなければ回復しない。また、花火を打ち上げても、1から5の順番に打ち上げないと失敗となり、失敗チットがたまっていく。失敗チットが3枚になると即座にプレイヤーは敗北する。5色すべての花火を5枚そろえると完全勝利となり、そうでなかった場合は山札が尽きた時点の各色の最高点の合計が得点となる。教えられる情報が色、または数字という制限により、「これだけは教えておかないと!」という項目が複数発生した時などには非常に悩む。それだけにうまくいったときは快感である。1回目は2人でプレイ、山札が尽きて最後のプレイの時に3回目の失敗をしてしまい、敗北。2回目は5人でプレイ、それぞれ勘が良かったこともあり、完成することはなかったもののほぼ失敗することなく20点を獲得した。

HEKLA(火山から逃げろ)
噴火する火山から逃げ、最も遠くまで逃げたプレイヤーが勝利。火山を噴火させないと得点が入らないが、噴火が繰り返されるとゲームの終了が近づくというジレンマがある。今回はゲーマーがそろっていたこともあり、相手の足を引っ張るようにプレイしたためか、外周にすら到達しなかった。4人中2位。

次回は8/4。

帰りにBOARDWALKに寄る。

|

« 今日は通院の日 | トップページ | 買い物 »

アナログ・ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/57749357

この記事へのトラックバック一覧です: OGA例会:

« 今日は通院の日 | トップページ | 買い物 »