« 今日は通院の日 | トップページ | 今日は通院の日 »

2012-05-20

OGA春季大会

今日はOGA春季大会でした。

やったゲームは

  • カタンの開拓者たち 航海者版
  • ガンダムタイムライン
  • 好漢日記
  • 真珠湾攻撃カードゲーム

カタンの開拓者たち 航海者版
通称「海カタン」。通常のカタンに加え、3つの島が追加されたマップを用いる。それぞれの島に新たに開拓村を建設すると追加ボーナスがもらえる。また、海上や海岸線においては、道だけでなく、船を用いることができる。6面ダイスを2つ振り、出た目に応じて開拓村や街から資源をもらうことができ、それを用いて新たな開拓村や道、船を設置し、開拓村を街に発展させたり、特殊なカードを手に入れたりする。
ルールは基本とほぼ変わらない。ただ、道と船を混在させてはならなかったり、盗賊の他に海賊(なぜかいかだに乗ってる)がいたりするため、よく考えて設置しないとコマが足りなくなったりする。あと、2d6の期待値は7のはずなのに、なぜか4とか5がよく出る。なかなか奥が深い。4人中3位。

ガンダムタイムライン
スピードスターさんの同人(?)ゲーム。ルールはTimelineと同じだが、題材が「機動戦士ガンダム」(TV版)となっており、サブタイトルを見て話数順に並べるように変わっている。
このゲーム、何がすごいってプレイできる人が非常に限られている点である。ガンダムを全く知らない人には面白くないし、「ガノタ」と呼ばれるほどの濃いファンにとっては常識問題すぎて面白くない。濃い人同士なら1回のミスが死に直結するようなゲームになるが、そこにぬるいファンが混ざると途端に双方が面白くなくなるという致命的な欠点がある。一番面白いのは、「昔テレビで見たことがある」程度のうろ覚えのアニメファン同士でプレイすることだと思う。なお、本人にも直接言ったので書くが、「このゲームはニッチすぎて頭おかしいゲームです」(言われた本人は「本望だ!」とおっしゃってましたが)。うろ覚え同士でプレイした結果、3人中1位。
ちなみに、ガンダム以外のアニメで作れるか調べたら、「新世紀エヴァンゲリオン」だと話数が少なすぎて(全26話)カードが足りなくなり、「北斗の拳」だと話数が多すぎて(第1章だけで全109話)難易度が低くなるという欠点があり、結局全43話のガンダムがちょうどいいという意見に。

好漢日記
水滸伝をモチーフにしたカードゲーム。手番プレイヤーが順番に他プレイヤーに戦闘をしかけ、勝った方が相手の好漢を手に入れる可能性が、負けた方が在野の好漢を手に入れる可能性が出てくる。最終的に手に入れた好漢が多いプレイヤーの勝ち。
残念ながら戦闘をしていないプレイヤーが全く参加できないというシステムのため、そのプレイヤーが暇になり、だらけてしまうという欠点がある。また、水滸伝を知らないと全く面白くない。5人中5位。

真珠湾攻撃カードゲーム
プレイヤーは旧日本軍となり、真珠湾に停泊するアメリカ海軍の艦艇を撃沈するカードゲーム。山札をめくり、出てきた艦船の難易度以上の出目をいくつ出すかを競り(最大10個)、競り落としたプレイヤーが最大10個の6面ダイス(撃沈に失敗した艦艇1隻につき、1つダイスが減る)を振って、難易度以上の出目を提示した数以上出せば撃沈成功となる。撃沈に成功した艦艇の得点の合計から失敗した艦艇の得点を引いたものが勝利点となり、勝利点が最も高いプレイヤーが勝利する。
戦艦を撃沈すれば高得点となるが、難易度が高い。巡洋艦だと難易度が低いが、得点は低い。ただし、巡洋艦を複数撃沈すると、得点が加算ではなく累乗となるので、多くの巡洋艦を撃沈すれば高得点が見込める。また、空母は非常に高得点だが、競り落とした後で存在するかどうかの判定があるため(史実では真珠湾にいなかったので)、撃沈できるとは限らない。競りによる駆け引きとダイス運が絶妙に絡むので、意外とテンションが上がる。5人中4位。

次回は6/3。

帰りにボードウォークへ寄る。

|

« 今日は通院の日 | トップページ | 今日は通院の日 »

アナログ・ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/54811649

この記事へのトラックバック一覧です: OGA春季大会:

« 今日は通院の日 | トップページ | 今日は通院の日 »