« 03月27日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 乱数発生の注意点についてのメモ(BlogPet) »

2008-03-27

乱数発生の注意点についてのメモ

C言語で乱数を発生させる時、よく以下のようなコーディングをする。

j = 1 + rand() % 6;

これで1~6の整数を求めるのだが、これだと問題があるらしい。
以下のような記述が推奨されるとのこと。

j = 1 + (int)(6.0 * rand() / (RAND_MAX + 1.0));

なお、int でキャストする前の数式は必ず浮動小数点演算扱いすること。

|

« 03月27日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 乱数発生の注意点についてのメモ(BlogPet) »

コンピュータ・プログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/40652114

この記事へのトラックバック一覧です: 乱数発生の注意点についてのメモ:

« 03月27日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 乱数発生の注意点についてのメモ(BlogPet) »