« どういうことなのか | トップページ | 修学旅行と鉄道 »

2006-11-13

通り名ジェネレーター進捗11

時間が空いたが、ちゃんと作業中ですよ?

  1. 品詞コード、活用コードの決定 《完了》
  2. 単語一覧の作成
    1. ア行 《完了》
    2. カ行 《完了》
    3. サ行 《完了》
    4. タ行 《作業中》
    5. ナ行
    6. ハ行
    7. マ行
    8. ヤ行
    9. ラ行
    10. ワ行
    11. 記号
  3. lcfname.cgiの修正 《βテスト中》
  4. name.cgiの修正 《完了》
  5. lcfname.cgiへの単語の組み込み
  6. 項目一覧の作成

mixiの方でもやっているのですが、こっちでもβテストに協力していただきたく思います。

やり方

  1. 下記のURLへアクセスしてください。
    http://hpcgi2.nifty.com/k_maeda/lcftest.cgi
  2. 出てきた文章が日本語としておかしいと思ったら、コメント欄にコピー&ペーストしてください(どうおかしいかも書いていただけると助かります)。
  3. 「エラーが発生した為、処理を中断しました。」と表示されたときもコピー&ペーストしてください。
  4. IE 5.5以上を使っているのにルビが表示されないとか、それ以外を使っているのにルビが表示されるとかした場合も教えてください。

よろしくお願いします。
(注)URLを転載してもかまいませんが、テストが終わると削除しますのでご注意ください。

おまけ
これまで表示された一覧を見るときは下記のURLへアクセスしてください。
http://hpcgi2.nifty.com/k_maeda/lcftest.cgi?list

|

« どういうことなのか | トップページ | 修学旅行と鉄道 »

コンピュータ・プログラム」カテゴリの記事

コメント

「~じゃないかな」「~だぴょ」「~だっちゃ」「~じゃけん」に 右下の「です。」が付くのは少し違和感があります  

投稿: Маша(マーシャ) | 2006-11-13 21:33

>Маша(マーシャ)さん
確かにそうかもしれません。
うぅーん、この件はちょっと保留します。少し考えさせてください。

投稿: maeda | 2006-11-14 20:01

「多くしたいらしい四角くさせる秋丁字の負ぶさるべきのような者(!)」

「~べき」に「のような」はおかしい気がします  

「ぐうたらになりたそうな数え切れなくできつつある人(米国版)」  

「数え切れなく」には「なりつつある人」のほうが自然だと思います  

投稿: Маша(マーシャ) | 2006-11-15 13:56

>Маша(マーシャ)さん
「~べきのような」は確かにおかしいですね。修正します。
後者は、
「数え切れない(形容詞)」→「数え切れなくする(動詞化)」→「数え切れなくできる(可能形)」→「数え切れなくできつつある(現在進行形)」
と言う活用を経ています。問題は「可能形」の部分ですね。
可能形の文法は正直はっきりしていない上に、サ行変格活用動詞の活用に例外が多くて、処理を悩んでいる部分でもあります。
手元にある口語活用表に従うならば「~される」又は「~しられる・~せられる」となるはずですが、これには違和感を感じてしまいますし……そのため、「する」の可能動詞(?)「できる」に置き換える処理をしているのですが、どうもすっきりしませんねぇ。
少し文法書を当たってみることにします。保留とさせてください。

投稿: maeda | 2006-11-15 17:54

「数え切れなくできつつある」には どこがどうと明確に指摘できないのですが どうしても違和感があります  

「数え切れない」に可能ではないニュアンスがあるのに それを可能な形にしようとするから 無理があるのでしょうか  

ほんとうに日本語の文法ってややこしい っていうか 習った覚えがあまりないです  

投稿: Маша(マーシャ) | 2006-11-16 23:16

>Маша(マーシャ)さん
そもそもサ行変格活用の可能形には複雑な活用が多すぎます。

達する:達せられる(一般的なサ変)
愛する:愛せる(五段化)
生ずる:生じられる(上一段化)
する:できる
傍観する:傍観できる(名詞と複合したサ変)

まあ、一番簡単なのは可能形の活用をすべて「連体形+ことができる」にしちゃうことなんですけどね。これだと「数え切れなくすることができつつある」となり、長いけど違和感は少ないと思うんですが。

日本語の文法に関しては、中学の現代文の授業で1時間ほどやったようなやらなかったような……。
とりあえず、より実践的な(多分)日本語の本を借りてきたので、勉強してみます。

投稿: maeda | 2006-11-16 23:51

「数え切れなくすることができつつある」

そうですね  これにはあまり違和感がないです  

投稿: Маша(マーシャ) | 2006-11-17 20:55

>Маша(マーシャ)さん
ネットで調べてみたら、低学年の国語の教科書では「れる・られる」は受身、可能は「~ことができる」に統一してあるそうです。
いっそのことそっちに統一しちゃおうかな……。

基本的に理系の人間なので、こうやっていろいろこねくり回して悩んでいる時間が一番楽しかったりします。
仕事でプログラムを作るときは時間と仕様との兼ね合いでパパッと作ってしまうんですがね。

投稿: maeda | 2006-11-17 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/12668379

この記事へのトラックバック一覧です: 通り名ジェネレーター進捗11:

« どういうことなのか | トップページ | 修学旅行と鉄道 »