« 必死だな、オイ | トップページ | キミキス8周目 »

2006-09-06

惑星の変換ミス

2006年9月6日付の朝日新聞より。

 惑星の新しい定義がプラハの国際天文学連合総会で決まった日の夜、こんなことがあった。
 「学者の国会」とも呼ばれる日本学術会議からファクスで送られてきた報道資料の中で、新定義の「八つの惑星」というリストが「彗星、近世、地球、化成、木製、土製、天皇制、海王星」となっていたのだ。

ちょっと待て。地球と海王星以外は全部変換ミスじゃん(笑)。

 学術会議に問い合わせてみると、間違いは認めつつ、「国立天文台がインターネットに載せていたものをコピー・ペーストしてファクスで送った。手で打ったりはしていない」と入力ミスを否定。天文台も「絶対に間違いはしていない」という。

国立天文台のホームページを斜め読みしたが、そんな記述は見られなかった。とはいえ、誰かが間違えたのは確かなわけで、製品の開発(ハード、ソフト共に)「人間がやることにはどこかミスがあるもの」という前提で設計しなきゃいけないんだなぁと再確認した。

ちなみに、今回定義された dwarf planet の和名はまだ決まっておらず、マスコミのいう「矮(わい)惑星」「矮小(わいしょう)惑星」というのはすべて仮称らしい。これらの和名が正式に決定するのは最速で2008年というから、当分は「これは仮称なんだ」ということを念頭に置くべきなんだろう。

|

« 必死だな、オイ | トップページ | キミキス8周目 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/11783212

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星の変換ミス:

« 必死だな、オイ | トップページ | キミキス8周目 »