« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006-07-30

まだ梅雨明けしてません(笑)

暑いですなぁ。まだ梅雨明けしてないのが信じられないくらいです。

昨夜、住んでいる団地で「山陽団地夏祭り」があったんですが、最後の抽選会で特等が当たりました。
周りから「すごい」と言われましたが、帰ってから開けてみると炊飯器。今年の春買い換えたばかりなんですがorz
しかも1升炊きですよ。3人家族には多すぎです。
というわけで、何かのイベントの時だけの活躍になりそうです(笑)。

関連記事:もみの木レポート:山陽地域 盆踊りシーズンの幕開け

(2006.07.30 16:00追記)「まだ梅雨明けしてません」なんてタイトルにしていたら、今日の午後、中国地方で梅雨明け宣言がなされました(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-07-29

やぁ暑くなりました

岡山では梅雨明け宣言はまだですが(梅雨前線は残っているので)、今朝は目の覚めるような晴天です。そのせいか、今までの鬱憤を晴らすかのようにセミ共が鳴いております。

「ミーンミンミンミンミンミー」
「シャワシャワシャワシャワ」
「ジージージージージー」

…………。

やかましいわっ!

この調子だと、夜にはキリギリスあたりが「チョンギース」と鳴き出すんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-27

USBプリンタを無線で接続してみよう(BlogPet)

ほんとうは、maedaは
先週9位になったほとんさんの「金糸雀ン・PC」、とうとう4位まで上昇.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「SnowWhite」が書きました。

|

2006-07-25

図書館

県立図書館から予約していた本が届いたとの連絡があったので、受け取りに行く。

書籍の紹介だけを読んでいると、どこの萌え小説かと思ったのだが、どちらかというとホラー小説ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-24

買い物

写真展に行ったついでに買い物。

BOARDWALK岡山店。

「デモンパラサイト」、このサイズの書籍RPGとしては破格の値段設定。新紀元社もグループSNEも思い切ったことをしたな。
「盗賊たちの狂詩曲」、旧版を持ってるはずなんだけど、見つからないので購入。さすがに記事の内容やネタが古くなっているが、面白さは変わらない。

ゲーマーズ岡山店。

紀伊國屋書店クレド岡山店。

秋田みやび女史は「へっぽこ」でずいぶんと脚光を浴びているな。彼女が事務担当でグループSNEに入社したなんて、誰が信じるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展を見に行く

先日、写真を焼いてもらうために写真屋に行ったら、写真展の案内をもらったので見に行きました。

Photo0001

ちなみに、EJRさんと白井崇裕さんという方は鉄道写真では有名な方らしいのですが、残念ながら私は寡聞にして知りませんでした。

まあ、それはそれとして、小さいギャラリー展示ながら、「超特急」新幹線と「ローカル鉄道」115系湘南色電車のコントラストは素敵でした。
#115系湘南色を「かぼちゃ電車」と呼ぶということを初めて知ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-20

サイト更新(BlogPet)

今日は、広い錬金術とソースなどを手直ししたかったの?
maedaは、ネットで錬金術とか本家サイト「錬金術の館」
を更新
本家サイトとかいっても
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「SnowWhite」が書きました。

|

2006-07-19

今日は通院の日

今日は通院の日。

セディール10朝昼夕食後1錠、トレドミン25朝夕食後1錠、テグレトール寝る前1錠。薬局に血圧計があったので測ってみたら、148/88mmHg、100回/分だった。数値だけ見れば高血圧じゃん(がびーん)。

ゲーマーズ岡山店。

紀伊國屋書店クレド岡山店。

BOARDWALK岡山店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-18

ようやく終わり……あるいは新たな始まり

前にも書いたが、調べていたことがようやく文章にできた。もっとも、まだまだ不完全な部分が多いので、そのうち手直しするつもり。
#と書いておけば、ちゃんと覚えておけるだろう(ぉ

さあ、これでかか七さんをドロワーズ・マスターにする準備ができたぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-17

PC直った

前回と同じく、何事もなかったかのように起動しました。
なんなんだ、こいつorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-16

PCがまた壊れたorz

PCがまた壊れたorz

とほほ〜orz
そんなわけで更新が遅れますo...rz

| | コメント (2) | トラックバック (1)

さらにすごいよ、ほとんさん

先週9位になったほとんさんの「金糸雀ン・バックブリーカー」、とうとう4位まで上昇した。

アキバBlog: メッセ3号店、同人誌ランキングの「ハルヒ」が過去最多に

うわぁ、すげぇなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBプリンタを無線で接続してみよう

龍咲さんのところでちょっと気になるアイテムが紹介されていた。

龍咲ぎるく と PEUGEOT206(廃車): こいつはイイぜ

SX-2000U2というUSB 2.0のデバイスを、LAN接続できるアイテム。龍咲さんは、これを無線LANアクセスポイントに接続することで無線接続にしたとのこと。

うちでもできるかなぁと思って構成をお尋ねしたところ、玄関先に無線LAN APのある我が家ではちょっと無理っぽい。

と思ったら、龍咲さんがこんなのを紹介してくれた。

SX-2000WG

おおぅ、これなら下記のようにすればうまくいきそうだ。

 PC
 │
 │(無線LAN)
 │
 無線LAN AP
 │ │
 │ │(有線LAN)
 │ │
 │ └ADSLモデム
 │
 │(無線LAN)
 │
 SX-2000WG
 │
 │(USBケーブル)
 │
 USBプリンタ

しかも、USBハードディスクにも対応しているようなので、うちのどの部屋にいてもバックアップが取れる!

問題は \16,800 ってことなんだよなぁ……むむむ、予算が……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-15

へっぽこ冒険者 ドラマCD化、決定!!

ソード・ワールド特設120巻突破記念「青い坂道亭」: へっぽこ冒険者 ドラマCD化、決定!!

まままマジっスか!? 買う! 買います!

ひゃっほうぅっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-14

調べ物と私

とあることがきっかけで、いろいろと調べていることがあるのだが、それについてチョコチョコと文章を作成中。ただ、どうもこう掴みどころのない話になってきたので、悩み中。奥が深すぎて、手を広げるととんでもない方向に話が進むので、七転八倒している。

うぅ、このままではWebsite葛根湯のかか七さんをドロワーズ・マスターにするという私の野望が達成できない……●| ̄|_

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-07-13

ココログのメンテナンス

2日間に渡る大規模なココログのメンテナンスがようやく終わった。
とはいえ、まだまだ予断を許さないのは経験上知っているので、手放しで喜べないんだけどね。

他にも言いたいことはいっぱいあるけど、とりあえずはここまで。
土日のアクセスが集中する時にも問題が少なくなることを期待している。
#0になることはないということは知っているから、そこまでは要求しない。

あー、でも、土日まで待機している作業者には「がんばれ」とエールを送りたい。同業者としては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Yahoo! JAPANからの捕捉(BlogPet)

そういえば、maedaが
今日、今日でトーナメントをクイーンズブレイドしなかったよトーナメントとかをク.
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「SnowWhite」が書きました。

|

2006-07-09

すごいよ、ほとんさん

アキバBlogさんで、同人誌の売り上げトップ10が紹介されているのだが……。

アキバBlog: サークル:ゴロメンツ まろまゆ本「桃月繁盛記」 同人誌ランキング-7/8-

すげぇ! 並み居るエロ同人誌を押しのけて、殆ど死んでいるの同人誌が9位! つか、俺まだ買ってねぇ!?

……早く買おう……orz

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-07-07

Yahoo! JAPANからの捕捉

最近、大きな更新のほとんどない本家サイトなのだが、なぜかYahoo! JAPANの検索からのアクセスが増加している。

理由がわからないだけに、ちょっと不気味と言えば不気味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-06

「MC☆あくしず」の発刊に寄せて(BlogPet)

ほんとうは、maedaは
どーでもいいが、右の柱に(2006/6/21時点で)下着今日の本が並ぶのってなん.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「SnowWhite」が書きました。

|

2006-07-05

今日は通院の日

今日は通院の日。

セディール10朝昼夕食後1錠、トレドミン25朝夕食後1錠、テグレトール寝る前1錠。ここのところ、天気の悪い日が続いているせいか、どうも調子が悪い。まあ、悲観的になるとか自殺願望が強くなるとか、そういう訳じゃないんだけど。

岡山県立図書館

前回借りた本を貸し出し延長。

追加貸し出し。

メロンブックス岡山店。

  • アイアンメイデン
  • 週刊わたしのおじいちゃん

紀伊國屋書店クレド岡山店。

  • 鉄道データファイル 123、124

ゲーマーズ岡山店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-02

明治チョコレート効果カカオ99%

にしなさん話題にしていたので、明治チョコレート効果カカオ99%を購入した。
んで、箱をよく見ないまま、何気なく口に放り込むと……。

…………
………
……

苦い~っ!

何コレ、すっげぇー苦いっ!
とゆーより、苦いを通り越して渋い!
悶絶してしまった。

体にはいいかもしれないが、精神衛生上よくないよ。
むしろ、「過ぎたるは及ばざるが如し」。ポリフェノールの摂りすぎで、体を壊しそうな勢いだ。
興味本位だけで手に取らないようにしていただきたい。
いや、マジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OGA例会

今日はOGA7月例会でした。

やったゲームは

  • hero Scape
  • ギャルソン
  • Q-JET 21XX
  • GREED
  • FAB FIB
  • サッカーリグレット
  • CAMISSIMO

hero Scape
立体ヘクスボード上にミニチュアを並べて遊ぶボードゲーム。
初っぱなから配置を間違えた為、ドラゴンのブレスの一吹きで軍団の半分が消滅。特に射撃系ユニットが全滅したのが痛い。何とか勝利条件となる駒の上まで到達したものの、ターンの最後まで生き残ることができず、全滅して敗北。くくぅ、最初の配置さえ間違えなければ……orz

ギャルソン
新作カードゲームのテストプレイ。なので、詳細は内緒。どうやら倉本さんはスランプらしい。

Q-JET 21XX
OGAではおなじみのレースカードゲーム。
スタートダッシュで失敗したせいで、終盤まで最後尾を走行。一人がガス欠でリタイアしたおかげで6人中5位に。

FAB FIB
カードを3枚引き、書かれた数字を伏せたまま、3桁の数字を言って次のプレイヤーに渡し、それが「ダウト」かどうかを当てるカードゲーム。ダウトだった場合、渡したプレイヤーのライフポイントが減り、そうでなかった場合、渡されたプレイヤーのライフポイントが減る。
交渉系のゲームが苦手なせいもあるが、すぐに「ダウト」がばれてしまい、あっという間にライフポイントが減ってしまった。ギリギリ4人中3位に入ったが、ちょっと悔しい。

サッカーリグレット
前回のOGAで遊んだ「フットボール・リグレット」の日本語版。「名前が読みにくい」という感想から、早速倉本さんが日本語版を作ってきた。ちなみに、今回は「オフト・ジャパン vs ジーコ・ジャパン」がテーマ。私はジーコ・ジャパン側に参加した。
プレーが始まると、早速三浦知良がハットトリックを決めるなどして、オフト・ジャパンが4点を先取。こりゃイカンとがんばって2点を取るものの、結局5点取られて負けてしまった。結論。「ジーコ・ジャパン弱い」。

CAMISSIMO
時間が余ったので、終了時間までカミシモをプレイ。

今月も楽しく遊びました。
次回は8月6日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-01

福山自動車時計博物館

福山自動車時計博物館に行ってきた。

朝早くついたためか、お客が誰もいない。しかも、館内には無数の時計と蝋人形が置いてあるため、ちょっと不気味だ。

20060701_104542 20060701_104604 20060701_104646

全部ではないが、いくつかは稼働しており、「コチコチコチ」という音が静まりかえった館内に響く様は一種異様な雰囲気がある。

「自動車」時計博物館だけあって、自動車も置いてある。

20060701_104748

T型フォード スピードスター
T型の生産で初めて大量生産が実現。19年間で1500万台がつくられた。T型の特徴として①安い②左ハンドル③丈夫でこわれにくい④運転しやすい。などがある

年式 : 1915年(大正4年)
製造国名 : アメリカ
製造社名 : フォード社
排気量 : 2896cc
最高出力 : 20hp(馬力)/15kW

フロントガラスが無く、代わりにハンドルに防風ガラスがついているのが面白い。

20060701_104838 20060701_104856

ダットサン フェートン
フロントグリルが心臓の形をしていたのでハート形フェートンと呼ばれた。当時の価格で1800円。
フェートン・・・4人乗りの幌つきオープンカー

年式 : 1935年(昭和10年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 日産自動車株式会社
排気量 : 722cc
最高出力 : 16ps(馬力)/12kW

方向指示器が、ウインカーではなく、腕木式になっている。

20060701_104942

ダットサン セダン
フロントグリル中央に太めの縦バーがあり、室内が質素なのが特徴。当時の価格で1900円、昭和10年には1275台が生産された。セダン・・・屋根が鉄板の4人乗り

年式 : 1936年(昭和11年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 日産自動車株式会社
排気量 : 722cc
最高出力 : 16ps(馬力)/12kW

20060701_105018

陸王サイドカー VFD-LTS
美しい流線型の乗り心地のよいサイドカー。官公庁、警察、新聞社等が主な納入先で、一般に販売されたのはわずかにすぎない。国産初のオートバイ。

年式 : 1955年(昭和30年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 陸王モーターサイクル(株)
排気量 : 1207.96cc
最高出力 : 28ps(馬力)/20kW

かっこいいんだけど、これってハーレーのパク……ゴホゴホ

20060701_105108

ダットサン フェアレディSPL213
ダットサン211のシャシーに架装したオープン4シーターの輸出専用車。主にアメリカに輸出された“L”という型名は輸出用左ハンドルを示す

年式 : 1691年(昭和36年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 日産自動車株式会社
排気量 : 1189cc
最高出力 : 60ps(馬力)/44kW

20060701_105158 20060701_105248

MG-TD
50年最初のTDのホイールには孔がなかったが、51年から冷却孔が開けられた。主としてアメリカでレース、ラリー、ジムカーナに大活躍を見せるようになった。

年式 : 1951年(昭和26年)
製造国名 : イギリス
製造社名 : MG社
排気量 : 1250cc
最高出力 : 54ps(馬力)/40kW

右の写真はトランク。文字通りトランク。

20060701_105222

ブガッティ
ブガッティのレプリカ。フォルクスワーゲンのエンジンを搭載。1937年式ブガッティT57は排気量3257cc、135ps。当時のロールス・ロイスに匹敵する高級車ながら、販売台数は歴代8気筒ブガッティの中では最大のヒットだった。

年式 : 1937年(昭和12年)
製造国名 : フランス
製造社名 : ブガッティ社
排気量 : 1580cc

20060701_105336

トライアンフ TR4
ミケロッティのデザインによるまったく新しいボディーとなったが、シャシーはTR3Aと大差ない。61年から65年1月までに40253台が生産された。価格は£750

年式 : 1963年(昭和38年)
製造国名 : イギリス
製造社名 : スタンダードトライアンフ
排気量 : 2138cc
最高出力 : 100ps(馬力)/74kW

20060701_105410

ベンツ SSK・レプリカ(ガゼール)
SSはスーパースポーツ。Kはショートホイールをあらわしている。当館のSSKは平成元年に米国フロリダ州マイアミでボディーやシャシーが造られ、カリフォルニアで組み立てられたもの。その後平成2年に輸入された。フォードピントのエンジン(2300cc)、足まわりを利用している。

年式 : 1929年型(昭和4年)

1928年式のメルセデス・ベンツSSKは排気量7068cc、最高時速192km。最高出力はスーパーチャージャー作動時に225馬力(166Kw)

20060701_105432

ヒルマンミンクス スタンダード
1953年ルーツモータース(英国)から技術提携のノックダウン車。1957年にはボルト1本に至るまで完全国産化し、1964年(昭和39年)に生産打ち切りとなる。当時72万円

年式 : 1962年(昭和37年)
製造国名 : 日本
製造社名 : いすゞ自動車株式会社
排気量 : 1494cc
最高出力 : 60ps(馬力)/44kW

20060701_105512

トヨペットクラウン RS
本格的な純国産車。充分な強度と柔らかい乗り心地、優れた操縦性など性能を誇っていた。ボディースタイルはアメリカンスタイルを取り入れている。

年式 : 1958年(昭和33年)
製造国名 : 日本
製造社名 : トヨタ自動車工業株式会社
排気量 : 1453cc
最高出力 : 58ps(馬力)/43kW

20060701_105610 20060701_105648

日産ルノー 4CV
昭和28年から38年まで、日野自動車がフランスのルノー4CVをノックダウン(現地組み立て)方式で生産、コンテッサに引き継いだ。1960年の価格は62万5千円。

年式 : 1961年(昭和36年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 日野自動車株式会社
排気量 : 748cc
最高出力 : 21ps(馬力)/15kW

扉の形状が面白い。

20060701_105702

ホンダ T360
本田技研初の商業車。このためDOHC、4キャブレターエンジンをミッドアンダーに搭載。当館のものはツインキャブ。キャビンは広く、重心が低いので高速安定性は抜群。

年式 : 1966年(昭和41年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 本田技研工業株式会社
排気量 : 354cc
最高出力 : 30ps(馬力)/22kW

20060701_105736

電気自動車 DBC-1型
早くから電気自動車の開発に取り組んできたダイハツでは大阪万博のときに会場の足として275台が活躍。続いてゴルフ用に「ダイハツマスターズ」を発売。

年式 : 1974年(昭和49年)
製造国名 : 日本
製造社名 : ダイハツ工業株式会社
最高出力 : 6.7hp(馬力)/5kW
気筒内径×行程 : 直流直巻

20060701_105810

ジープスター
ジープは軍用車の四輪駆動であるが、このエンジンを利用した後輪二輪駆動車が民間用ジープスター。軍用車製造のウィリス社はジープを転用し全天候型乗用車を製造

年式 : 1949年(昭和24年)
製造国名 : アメリカ
製造社名 : ウィリス社
排気量 : 2200cc
最高出力 : 72ps(馬力)/53kW

20060701_105834

メルセデスベンツ 170S-D
1935年(昭和10年)デビューしたが、第二次世界大戦のため生産を中断。戦後ダイムラー・ベンツ社が最初に生産を再開した小型乗用車。ガソリン車に比べ、経済的だった。

年式 : 1954年(昭和29年)
製造国名 : 西ドイツ
製造社名 : ダイムラー・ベンツ社
排気量 : 1767cc
最高出力 : 40ps(馬力)/30kW

20060701_105918

三菱 ミニカ360
当時好評だった商用車である三菱360ライトバンをベースにして、乗用車としての変更を行ったもの。そのため信頼性と実用性が高かった。

年式 : 1966年(昭和41年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 三菱自動車工業
排気量 : 359cc
最高出力 : 18ps(馬力)/13kW

20060701_105950

マツダ360 クーペ
松田初の軽乗用車。低価格の実現で、日本におけるモータリゼーションの進展に先駆的な役割をはたした。また、軽乗用車では初の4サイクルエンジンを搭載された。

年式 : 1962年(昭和37年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 東洋工業株式会社
排気量 : 356cc
最高出力 : 16ps(馬力)/12kW

20060701_110016

スバル360 K111
徹底した軽量化、居住空間を広くする為のシャシーレイアウト、当時は高級車顔負けの走行性能を持っていた。12年間モデルチェンジ無で生産され、価格は42万5千円。

年式 : 1964年(昭和39年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 富士重工業株式会社
排気量 : 356cc
最高出力 : 20hp(馬力)/15kW

20060701_110044

マツダキャロル 360DX
Rクーペとは異なった完全な4シーターでクリフカットスタイルの採用により4人乗りのキャビンが確保できた。このクラスでは初めての水冷4気筒4サイクルエンジン。

年式 : 1968年(昭和43年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 東洋工業株式会社
排気量 : 358cc
最高出力 : 16ps(馬力)/12kW

20060701_110102

パブリカ DX
通産省の国民車構想を受けて開発された。「パブリカ」の名前は公募で108万通の中から決められた。パブリック・カーの造語。初代パブリカの価格は38万9千円(4速MT)

年式 : 1966年(昭和41年)
製造国名 : 日本
製造社名 : トヨタ自動車工業株式会社
排気量 : 790cc
最高出力 : 36ps(馬力)/26kW

20060701_110138

NSUスポーツプリンツ
ベルトーネ、デザインのスタイリッシュなクーペボディ。高価なクーペを変えないドイツ市民に歓迎され、1958年から73年までの15年間も生産された人気車種である。

年式 : 1960年(昭和35年)
製造国名 : 西ドイツ
製造社名 : NSU社
排気量 : 583cc
最高出力 : 36ps(馬力)/26kW

20060701_110226

ダットサン ダブルピックアップ6000-U
ピックアップ・・・荷台の覆いがなく、サイドパネルが運転台とつながって作られている小型トラック。

年式 : 1954年(昭和29年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 日産自動車株式会社
排気量 : 860cc
最高出力 : 16ps(馬力)/12kW

20060701_110302 20060701_110324

ダイハツ三輪トラック SSR型
運転席に防風ガラスと幌が付き、風雨をしのげるようになった。ヘッドライト横のダイハツマークはその後のダイハツオート三輪の最終モデルまで続いた。

年式 : 1954年(昭和29年)
製造国名 : 日本
製造社名 : ダイハツ工業株式会社
排気量 : 736cc
最高出力 : 15ps(馬力)/11Kw

20060701_112012

パナールディナ 130 5CV
第二次大戦後、それまでの高級車を少量生産するという基本方針を全面的に改め、小型大衆車を量産するという転換を作ったのが“ディナ”である。車体はすべてアルミ製

年式 : 1953年(昭和28年)
製造国名 : フランス
製造社名 : パナール社
排気量 : 851cc
最高出力 : 38ps(馬力)/28kW

20060701_112102

三輪消防車
四日市消防署常磐分団使用のもの。バーハンドルで、三輪消防車の中でも初期のもの。ハンドルが大きいので運転が大変。
フォードV8エンジン搭載。

年式 : 1937年(昭和12年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 日本消防機製造(株)

20060701_112148 20060701_112238 20060701_112432

マツダ 三輪乗用タクシー
第二次大戦後、輪タク(乗用自転車)に代わって普及。昭和27年に小型乗用車の生産が盛んになると共に消えていった。料金は当時市内一律50円だった。

年式 : 1950年(昭和25年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 東洋工業株式会社
排気量 : 701cc
最高出力 : 15ps(馬力)/11kW

セルモーターではなく、キックレバーをキックすることで始動していたらしい。

20060701_112318

ダイハツ号 HS6型
集荷の種類、あるいは道路の関係から頑丈な車体と強力な動力が要望され、希望に応じて三種類のエンジンを製作して架装した。 (498cc・667cc・744cc)

年式 : 1935年(昭和10年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 発動機製造株式会社
排気量 : 667cc
最高出力 : 6.7hp(馬力)/5kW

20060701_112352

マツダ 三輪トラック GA型
GA車は在来車種と比較して、登坂力、加速力の増大、燃料消費、エンジン負担の軽減など、数多くのメリットを発揮した。燃料の軽減は市場の歓迎をうけた。最高時速65Km

年式 : 1949年(昭和24年)
製造国名 : 日本
製造社名 : 東洋工業株式会社
排気量 : 670cc
最高出力 : 13.7ps(馬力)/10kW

20060701_112554

CROSLEY RACING CAR
クロスリー レーシングカー

アメリカとしては異例の三二タイプで、いわばアメリカ自動社会の盲点をついたがゆえに、戦後の一時成功を収めた。絶頂期には、セダン、ステーションワゴン、配達用バンや、いろいろなスポーツモデルの車など、広範囲に渡って製造した。

年式 : 1943年(昭和18年)
製造国名 : アメリカ
製造社名 : クロスリー(1939~1952)

自動車と時計以外にも、こんなものが展示されていた。

20060701_112452 20060701_112516

自動ピアノ。

20060701_112824

ジュークボックスとジュースの自動販売機。

この博物館の売りのボンネットバスにも乗りました。ただ、雨が降っていたので、外観の写真は撮れず。orz

20060701_110506 20060701_111856

日野……ヂーゼル?

他にも面白い展示物があったのだが、残念ながらデジカメのメモリがいっぱいになってしまった。orz
考えてみれば、Webで使う写真なんだから、小さいサイズで撮ればよかったんじゃないか。残念。

なかなか面白い博物館だった。写真は撮り放題だし、車には触り放題、乗り放題なので、オールドカー好きならば一度訪れてみることをお薦めする。車好きの子供を連れて行ってもいいかもしれない。

なお、ボンネットバスは今回は開館記念ということで運転されたが、普段は団体で予約が必要なので注意すること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »