« メンテナンス実施のお知らせ | トップページ | たんじょうび »

2006-06-02

脳をめぐる冒険

ある日突然自分の「頭の中」に迷い込んでしまったごく普通のサラリーマン。道連れは謎の少年「アキラ」。ホムンクルスに左脳ホテル、右脳メイド、銀色のオオカミ。摩訶不思議な脳の中の住人たちとの交流を通じて、ある「思い出」に辿り着く。それは……。

すみません、なめてました、この本。表紙がメイドだし、科学をベースにしたファンタジー小説のようなものだと思ってましたが、ラストが……泣ける。 。゚(゚´Д`゚)゜。

もちろん、科学小説としても十分な内容なので、脳のことを知るとっかかりの本としても最適です。この本で最低限の知識を得てから入門書を手に取れば、脳のことをもっと知ることができるでしょう。

竹内 薫+藤井 かおり文/モリナガ・ヨウ絵: 脳をめぐる冒険脳をめぐる冒険
竹内 薫+藤井 かおり文
モリナガ・ヨウ絵
税込価格 : \1,260 (本体 : \1,200)
出版 : 飛鳥新社
サイズ : B6判 / 205p
ISBN : 4-87031-727-3
発行年月 : 2006.5

|

« メンテナンス実施のお知らせ | トップページ | たんじょうび »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/10364851

この記事へのトラックバック一覧です: 脳をめぐる冒険:

« メンテナンス実施のお知らせ | トップページ | たんじょうび »