« 屋久島・種子島ツアー(3日目)(BlogPet) | トップページ | 今日は通院の日 »

2006-03-05

OGA例会

今日はOGA例会でした。
やったゲームは

  • SHADOWS OVER CAMELOT
  • BIG EYES, SMALL MOUTH ANIME CARD GAME
  • Geistertreppe
  • TUTANKHAMEN
  • CAMISSIMO

SHADOWS OVER CAMELOT(シャドウズ・オーバー・キャメロット)
プレイヤーはアーサー王と円卓の騎士となり、キャメロット城に近付く黒の軍団の驚異を退けつつ、聖杯探索、聖剣獲得、ランスロット打倒といったクエストをこなすゲーム。ただし、7人のプレイヤーに対し、8分の1の確率で「裏切り者」が選ばれるため、気が抜けない。結局黒の軍団を退けたが、終わってみれば「裏切り者」はいなかった。疑心暗鬼になっていたのがバカみたいだ。まあ、ここが面白いところなんだが。

BIG EYES, SMALL MOUTH ANIME CARD GAME(ビッグ・アイズ、スモール・マウス アニメ・カード・ゲーム)
以前翻訳していたカードゲームを持ち込んでプレイ。手際の悪さもあったのだが、結論は「誤訳が多すぎてゲームにならない」であったorz つ、次こそは……。

Geistertreppe(ガイスタートレッペ、オバケだぞ~)
ゲーム大賞を受賞したとても面白いドイツ製のボードゲーム。ダイスを振り、その出目に応じてコマを動かすのだが、オバケの目が出ると、いずれかのコマはオバケとなり、何色のコマなのかが分からなくなる。しかも、全員がオバケの時にオバケの目が出ると、

  • コマの位置を入れ替える。
  • 自分の色と他のプレイヤーの色を入れ替える。

のいずれかを選択するため、だんだんどのオバケが自分のコマなのか分からなくなり、混乱してくる。最初にゴールしたコマが勝利するのだが、「これが俺のコマだ!」と動かしてみたら他人のコマだったり(笑)、他のプレイヤーがオバケを動かし、「うわ、負けた」と思って確認してみたら自分のコマだったり(爆笑)。ちなみにこのゲーム、4歳以上推奨なのだが、ドイツの子供はこんな難しいゲームで遊んでいるのかと思うと、末恐ろしい物がある。

TUTANKHAMEN(ツタンカーメン)
プレイヤーはツタンカーメンに使える神官となり、貢ぎ物を得て、それを王に贈るというゲーム。プレイヤーは最初14枚のチップを持っており、貢ぎ物を送るたびに、その貢ぎ物に応じたチップを失う。そのチップを最初に無くしたプレイヤーが勝利する。ただし、チップの枚数をオーバーして失うことは出来ないので、戦略が必要となる。最初は何だかよく分からないうちに終わったのだが、2回戦では知恵を絞ってみた。しかし、他のプレイヤーの思惑も絡み、なかなか思い通りには行かない。結局、トップ2人が足を引っ張り合っている間にタナボタ的に勝利してしまった。

CAMISSIMO(カミシモ)
これまでに何度かやったカードゲーム。ちょっとした時間があれば遊べるので、便利。どうも私には長期の戦略という物が考えられないらしく、うまく行かないorz つ、次こそは……。

次回は春季大会で、4月16日。

帰りにBOARDWALK岡山店に寄る。

  • ドラゴンマガジン
  • ゲーマーズフィールド

誤訳を指摘された「BIG EYES, SMALL MOUTH ANIME CARD GAME」だが、翻訳に詳しい人にアドバイスを受ける。ちなみにこのゲーム、英文としてもおかしい部分がいくつかあるらしい(笑)。なので、直訳ではなく、意訳・翻案することを勧められる。用語も元の物をそのままにするのではなく、日本人に理解しやすい言葉にする方がいいようだ。よし、頑張ろう!

岡山一番街の本の森セルバ。

  • ガンダムエース
  • Zガンダムエース

そういえば昨日から映画が公開されたんだっけ。岡山松竹ではもう上映しないorz 倉敷まで行くしかないか。

|

« 屋久島・種子島ツアー(3日目)(BlogPet) | トップページ | 今日は通院の日 »

アナログ・ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/8962049

この記事へのトラックバック一覧です: OGA例会:

« 屋久島・種子島ツアー(3日目)(BlogPet) | トップページ | 今日は通院の日 »