« 屋久島・種子島ツアー(3日目) | トップページ | 屋久島・種子島ツアー(3日目)(BlogPet) »

2006-03-03

プログラム メモ

UNICODE 版の Win32 プログラムを作る方法のメモ。

  1. 「UNICODE」をデファインしておく。
  2. 文字列操作関数は UNICODE 版を使う。
  3. 文字列は TEXT マクロを使う。
  4. 漢字などの ASCII コードに含まれない文字を使う場合は、MultiByteToWideChar 関数で変換する。

// サンプルコード
#define UNICODE

#include <windows.h>
#include <tchar.h>

int _tmain(int argc, TCHAR **argv, TCHAR **envp)
{
    TCHAR szStr[256], szNum[8];
    LPTSTR lpszBuf;

    MultiByteToWideChar(CP_ACP, 0, "あいうえお", -1, szStr, 256);
    wsprintf(szNum, TEXT("%d"), argc);
    _tprintf(TEXT("%s %s"), szStr, szNum);

    return 0;
}

かなりいい加減だが、まあこんな感じ。

|

« 屋久島・種子島ツアー(3日目) | トップページ | 屋久島・種子島ツアー(3日目)(BlogPet) »

コンピュータ・プログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/8925305

この記事へのトラックバック一覧です: プログラム メモ:

« 屋久島・種子島ツアー(3日目) | トップページ | 屋久島・種子島ツアー(3日目)(BlogPet) »