« アイアンショーック! | トップページ | 今日は通院の日 »

2005-05-25

マッチラベルの展覧会

岡山県立美術館で開催されている「燐票大展覧会 マッチラベルのシンセカイ」に行って参りました。

いやぁ、面白い。

燐票家(マッチラベルの蒐集家をこう呼ぶらしい)が蒐集したコレクションの数々。明治から大正、昭和にかけての様々なデザインのマッチラベルが展示されていました。

日本製であることをことさら強調した芸者のデザイン。
中国向けに唐童子の描かれたもの。
インド向けにインドの神々を描いたもの。
ヨーロッパ向けにヨーロッパのマッチのデザインを真似したナンチャッテ洋画のデザイン。
戦時中の戦意高揚目的のデザイン。
そして、宣伝目的で配布されたマッチのラベル。

燐寸(マッチ)のラベル、燐票がこれほど面白いものだとは思いませんでした。

そして、この展覧会最大の呼び物、様々な画家、デザイナー、詩人たちに描いて貰った新作マッチの数々。もし岡山近郊にお住まいなら、是非御覧になることをお薦めします。面白いですから。

※この記事は岡山県立図書館から送信しました。

|

« アイアンショーック! | トップページ | 今日は通院の日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/4273872

この記事へのトラックバック一覧です: マッチラベルの展覧会:

« アイアンショーック! | トップページ | 今日は通院の日 »