« あの懐かしのアイテムをもう一度 | トップページ | SPAMいろいろ »

2005-03-12

キーボードのレイアウトについて考えてみる

キーボードのレイアウトというのはとても大切だ。
私はプログラマ(自称)なので、「使いやすいレイアウト」というものがある。割と不器用なので、ThinkPad以外のノートパソコンのキーボードは、ピッチが小さすぎて操作しづらい上、キーをタッチしたときの感触がいまいちしっくり来なかったりする。

百式: レイアウトの常識より
Ergodex

ここで紹介されているキーボード(のような入力デバイス)は、キーの配列を自由に決めることができる。ゲームをするときはゲーム専用の配列、絵を描くときはグラフィック専用の配列、オフィス・アプリケーションを使うときはオフィス・アプリケーション専用の配列、音楽や映像を扱うときはAV専用の配列、そしてCADを使うときはCAD専用の配列にすることができるのだ(もちろん他の使い方もできるだろう)。

自分の使いやすいキーボード配列というものを考え直してみるのもいいのではないだろうか?
#え? 親指シフトっスか?

|

« あの懐かしのアイテムをもう一度 | トップページ | SPAMいろいろ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/3266608

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードのレイアウトについて考えてみる:

« あの懐かしのアイテムをもう一度 | トップページ | SPAMいろいろ »