« カウントダウン | トップページ | JR東海の野望 »

2004-01-09

「電池」ならぬ「光池」の開発へ

asahi.com : サイエンス : エネルギーの空中採取可能? 電磁波蓄える夢の宝箱開発

電気を貯めるのが「電池」ならば、光を貯めるのは「光池」になるのだろうか。とにかく、画期的な発明(あるいは発見)である。うまく行けば、


  1. 電波受信

  2. 受信した電波を電気に変換

  3. 電源ON


のような使い方ができるはず。つまり、待機電源なしでリモートコントロールが可能になるのだ。
まだ、「なぜそうなるのか」がはっきりしていないようなので、研究が進むことを期待する。

|

« カウントダウン | トップページ | JR東海の野望 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1757/85191

この記事へのトラックバック一覧です: 「電池」ならぬ「光池」の開発へ:

« カウントダウン | トップページ | JR東海の野望 »